おいでよTX

駅で絞り込む

食べる浅草

コロッケなのに「もんじゃだあ!」人気の「浅草もんじゃころっけ」をチェック

浅草の食べ歩きといえば、テレビや雑誌でもおなじみなのが「浅草もんじゃころっけ」。浅草のたぬき通り商店街に位置するお店はいつも賑わっていて、通りかかるだけでお腹が空きそうです。

出来立てをその場で食べたい「もんじゃころっけ」

雷門通りの裏手であるたぬき通り商店街にあるのが「浅草もんじゃころっけ」。平日でも多くの人で賑わっているのですぐに見つけることができます。その名の通り、もんじゃをころっけにしてしまった「もんじゃころっけ」はテレビや雑誌などにも多く取り上げられているので知っている人も多いかもしれませんね。

もんじゃころっけの種類は3種類で、定番のプレーンのほか、チーズ入りや明太入りがあります。値段はそれぞれ250円なので、1種類だけでなく複数の味に挑戦する人が多いようです。今回はプレーンとチーズ入りを食べて見ることにしました。

ここでは注文した後から揚げ始めてくれるので、出来立てを食べることができます。お店の前にテーブルが出ているのでそこで待つこと約3分。ほかにもビールを飲みながらまっている人や、わいわいと賑やかにしている修学旅行生たちがいました。混みあっていますが、みなさん席を譲り合っているのが印象的でした。

そしてついに「もんじゃころっけ」との対面です! すごく熱いのでそのままパクっと食べないように、はしっこから注意深く食べることをおすすめします。サクサクの衣ととろりとしたもんじゃの食感に感動。そして何より「本当にもんじゃだ!」と驚いてしまうほどに、もんじゃでした。しっかりと味のついているもんじゃを楽しめるプレーンも、少しまろやかに食べることができるチーズもどちらも美味しく、町歩きをしていて小腹が空いた時には最適です。

「もんじゃを食べたことがない人にも気軽に楽しんでほしい」という思いから生まれたという「もんじゃころっけ」。浅草を訪れる際はぜひ立ち寄りたいスポットです。


浅草もんじゃころっけ
住所:東京都台東区浅草1-22-4
営業時間:11:00~18:00(なくなり次第終了)
定休日:水曜

この記事に関連するキーワード

散歩食べ歩きB級グルメ

おすすめ記事

新着記事

学ぶ守谷

アサヒビール茨城工場~親子で楽しもう!!「カルピスイベント」~

1919年に誕生し世代を超えて親しまれてきた「カルピス」は、今年で100周年を迎えました。イベントでは、最初に「カルピス」誕生ストーリーや、「カルピス」が何からできているのかなど、楽しいクイズを交えたミニ講座で「カルピス」の魅力をお伝えします。その後、ビールが何からできているか、どのように出来ているか、実際にビール工場の見学に出かけます。最後に試飲会場で、20歳未満の方は「カルピス」を好きな濃さにつくったり、その他のソフトドリンクもご試飲できます。20歳以上の方には、できたてのスーパードライの他、「カルピス」を使ったビアカクテルの試飲もお楽しみいただけます。ぜひご家族の皆さまでご参加ください!

カテゴリ

つくばエクスプレスの駅から探す

TX検定

人気記事ランキング

人気キーワード