おいでよTX

駅で絞り込む

遊ぶ柏の葉キャンパス

柏北部地域で子どもも将棋が習える場所

日本の文化である将棋。最近ではコンピューターの進化により将棋界もなにかと騒がしくなっていますが、子どもたちに将棋を教えたことがあるお父さんは多いのではないでしょうか。さてその将棋ですが、実際にやるとなると対戦相手が必要です。最初に教えたお父さんもいつも子供の相手をするのは大変ですよね。ということで、柏の葉キャンパス駅近くにある松葉将棋クラブの紹介です。

松葉将棋クラブ

 柏の葉キャンパス駅からは車で約10分、自転車でも15分のところに柏市松葉地区があります。北柏ライフタウン団地を中心につくばエクスプレスが開通する前から栄えてきた地域です。地域の中心には松葉町商店街や松葉近隣センターがあり、柏市立図書館の分館や出張所もあります。
 その松葉近隣センターで毎週日曜日の午後に同好会として将棋を楽しんでいるクラブがあります。参加者はだいたい10名程度。小学生から高齢者までが、対局をしながら将棋を楽しんでいらっしゃいます。うちの息子もここで、先輩方に鍛えられながら徐々に強くなっているようです。

松葉町の将棋クラブ以外にも

実は柏駅の近くには、日本将棋連盟の東葛支部柏将棋センター(http://www.kashiwa-shogi.com/)がありますし、南柏の駅前にある栄光キッズカレッジでは将棋教室もやっています。ただ、つくばエクスプレス沿線の北部地域からだと、ちょっと遠くて不便なのです。月謝などもかかります。

それであちこち探して見つけたのがこの松葉将棋クラブだったのですが、他にも、柏の葉キャンパス駅近くの県道47号線を流山方面にちょっと行く流山市に入りますが流山市の美田町会にも将棋クラブがあるようです。
こちらの自治会のホームページに案内が載っています。http://www.mita-jichikai.org/syogi.html

この記事に関連するキーワード

将棋松葉町

おすすめ記事

住む柏の葉キャンパス

未来につながる“柏の葉スマートシティ”。 都市型生活と豊かな子育てが叶う街に行ってみた

2005年につくばエクスプレス(TX)が開業して、秋葉原から30分で結ばれるようになった柏の葉キャンパス。駅前にはららぽーとや高層マンションが建ち、「公・民・学」の連帯をベースに「世界の未来像」の先駆けとなる街づくりが進められています。ハード面で街が拓いていく中、実際にこの街に暮らす人たちは、街の様子や変化をどのように感じているのでしょうか。

学ぶ柏の葉キャンパス

“温育”をママと子供で体験! 「ママ⼦の温育プログラム」が開催

東洋医学の考え方を踏まえた、温めるライフスタイルで自分や家族、社会環境を健康に育んでいく「温育」。この考え方を「学び」と「体験」の観点から浸透させ、⼥性たちが健康で活躍する社会の実現につなげていく活動の「温育チャレンジ」。その一環として「ママ⼦の温育プログラム」がつくばエクスプレス沿線のママ層に向けて実施されています。

学ぶ柏の葉キャンパス

千葉県警察の第三機動隊の公開イベント「見て!知って!機動隊!!」

 柏の葉キャンパス駅の周辺には、駅名の由来となった東京大学や千葉大学だけでなく、国や県のいろいろな公的施設が立地しています。街作りにあわえて町自体をフィールドとした研究活動も進められており、街全体がキャンパスといっても過言ではないかもしれません。そんな柏の葉キャンパス駅周辺では、数年前より学術の秋のシーズンに地域内の学びのイベントを集めた「柏の葉 街まるごとオープンキャンパス」という企画が行われています。 先日レポートした千葉大学のオープンキャンパスや梶田先生のノーベル賞受賞以来益々有名になった東京大学のオープンキャンパス、柏市公設市場のお祭りや国立がん研究センター東病院の公開など一連のイベントに、今年はなんと千葉県警察の第三機動隊が「見て!知って!機動隊!!」と題して新参入! 早速、参加してきました。

新着記事

学ぶ柏の葉キャンパス

“温育”をママと子供で体験! 「ママ⼦の温育プログラム」が開催

東洋医学の考え方を踏まえた、温めるライフスタイルで自分や家族、社会環境を健康に育んでいく「温育」。この考え方を「学び」と「体験」の観点から浸透させ、⼥性たちが健康で活躍する社会の実現につなげていく活動の「温育チャレンジ」。その一環として「ママ⼦の温育プログラム」がつくばエクスプレス沿線のママ層に向けて実施されています。

カテゴリ

つくばエクスプレスの駅から探す

TX検定

人気記事ランキング

人気キーワード