おいでよTX

駅で絞り込む

遊ぶ柏の葉キャンパス

秘密基地と駅前イルミネーション

イベント情報で紹介した、千葉大学のセンター祭りに行ってきました。そしてこの日の夜から柏の葉イルミネーション2016も始まっています。

センター祭りの入り口には野菜の宝船が登場

 千葉大学環境健康フィールド科学センター恒例のセンター祭り。開催日となった11月3日の祭日は「晴れ」の特異日だとかで、今年も快晴!多くの人が千葉大で栽培された野菜や花木の苗の販売を目当てに朝から、ながーい行列を作っていました。
 会場の入り口には毎年恒例の野菜で造った宝船。いつもながら見事な出来栄えです。

ダンボールで作った秘密基地が続々と

 会場を入った先の広場では、未来こどもがっこう主催の「秘密基地づくり」が開催。大きな段ボールが大量に用意されていて、こども達は各自で自由にいろいろな秘密基地を造っていました。
 昼前には会場にはダンボールの秘密基地が立ち並び、その横の屋台会場から昼食を買ってきて秘密基地でランチを取っている家族も見かけました。

ピタゴラ装置も

 ビー玉とピタゴラ装置の材料も用意されていましたので、巨大なピタゴラ装置に挑戦してみました。

電球26万個を使った柏の葉イルミネーション2016も開始

 夕方には、柏の葉キャンパス駅前で柏の葉イルミネーション2016の点灯式も開催。3年目となる今年は26万個の電球を用意したそうで、商業地ではない住宅地でのこの数は珍しいとの事です。
 抽選会で当たった市民がカウントダウンとともに点灯ボタンを押すと駅前から西口ロータリーまで一斉に電飾が灯りました。

この記事に関連するキーワード

千葉大学未来こども がっこう

おすすめ記事

住む柏の葉キャンパス

未来につながる“柏の葉スマートシティ”。 都市型生活と豊かな子育てが叶う街に行ってみた

2005年につくばエクスプレス(TX)が開業して、秋葉原から30分で結ばれるようになった柏の葉キャンパス。駅前にはららぽーとや高層マンションが建ち、「公・民・学」の連帯をベースに「世界の未来像」の先駆けとなる街づくりが進められています。ハード面で街が拓いていく中、実際にこの街に暮らす人たちは、街の様子や変化をどのように感じているのでしょうか。

学ぶ柏の葉キャンパス

“温育”をママと子供で体験! 「ママ⼦の温育プログラム」が開催

東洋医学の考え方を踏まえた、温めるライフスタイルで自分や家族、社会環境を健康に育んでいく「温育」。この考え方を「学び」と「体験」の観点から浸透させ、⼥性たちが健康で活躍する社会の実現につなげていく活動の「温育チャレンジ」。その一環として「ママ⼦の温育プログラム」がつくばエクスプレス沿線のママ層に向けて実施されています。

遊ぶ柏の葉キャンパス

柏北部地域で子どもも将棋が習える場所

日本の文化である将棋。最近ではコンピューターの進化により将棋界もなにかと騒がしくなっていますが、子どもたちに将棋を教えたことがあるお父さんは多いのではないでしょうか。さてその将棋ですが、実際にやるとなると対戦相手が必要です。最初に教えたお父さんもいつも子供の相手をするのは大変ですよね。ということで、柏の葉キャンパス駅近くにある松葉将棋クラブの紹介です。

カテゴリ

つくばエクスプレスの駅から探す

TX検定

人気記事ランキング

人気キーワード