おいでよTX

駅で絞り込む

住む柏の葉キャンパス

地域の憩いと交流の場「レジデンシャルコミュニティサロン柏の葉」に行ってきた!

柏の葉キャンパスには、地域の方たちの交流の場として多くの人が利用するサロンがあります。レジデンシャルコミュニティサロン柏の葉、通称「レジコミュ」です。昨年夏のオープンから1周年を記念し、7月17日(日)にイベントが開催されました。その様子と、普段どのような活動が行われているのかをご紹介します。

柏の葉キャンパス駅から徒歩約6分。オークビレッジ柏の葉にあるファームの横を進み、左手に曲がった先の辻中病院の正面にレジコミュはあります。ここは、三井不動産レジデンシャルサービスが開設した”すまいと暮らしのサービスステーション”。
誰でも利用できるカフェスペースのほか、住まいと暮らしの相談窓口やマンションの消耗品の販売など、さまざまなサービスが用意されています(※1)。
※1 パークシティ柏の葉キャンパス居住者専用のサービスもあります。

1周年記念イベントは、午前中の紙芝居や絵本の読み聞かせなどお子さんたちが楽しめるキッズイベントと、午後のアマチュア落語団体「黒い三連星」による”レジコミュ寄席“の二部構成で行われました。

取材にお邪魔すると、ちょうど紙芝居が始まる前。親子連れの方たちがどんどん集まってくるところでした。音楽の時間、絵本の読み聞かせと続きフロアは楽しい雰囲気に。
この日の講師は、定期的にレジコミュでイベントをされている、地域のボランティア団体の方たちです。レジコミュがオープンする以前から活動を続けられており、「スーパーで会うと声をかけてもらえますよ」と言われるように地域の方たちとは顔なじみのご様子でした。

レジコミュでは、スタッフが主催するイベントのほか、このように地域にお住まいの方が特技や趣味を活かしてボランティアで講師をされていることも多いようです。

サプライズゲストでチーバくんも登場! 「街を歩くチーバくんに付いてきてイベントを知った」という方もいらっしゃいました。

サロンの一角にはこんなことができたらいいなという、レジコミュへの要望を書いてもらうコーナーも。
「子供向けのコンサートがあると嬉しいです」「子供向けの英会話教室」「写真の加工の仕方」「パソコン教室」「リトミック教室」
などさまざまな要望が書かれていました。

マテル社のおもちゃで遊べるコーナーや、お菓子のつかみどりも。みんな夢中です。

午後はいよいよ"レジコミュ寄席”。午前中とは雰囲気が変わり、今度は大人の方たちで会場がいっぱいになりました。

「黒い三連星」は、柏市、松戸市を中心に活躍するアマチュア落語団体。
この日の登壇者は、東中亭どテ珍氏と東中亭ふあぁ治氏です。話にぐいぐい引き込まれ、あっという間に時間が過ぎていきました。

東中亭どテ珍氏(写真左)と東中亭ふあぁ治氏(写真右)

レジコミュは、誰でも利用できる幸せのための住まいサロン

たくさんの家族連れやサプライズゲストでにぎわったイベントでしたが、普段ここにどのような方が集まり、どのような交流が生まれているのでしょうか。

サロンに入るとすぐLOOPコンシェルジュデスクという受付があり、ドリンクコーナー、インフォメーションコーナー、広々としたサロンスペースと続きます。その一角にはキッズコーナーもあり、小さなお子さま連れでも利用できるように絵本やおもちゃの用意も。奥にあるミーティングスペースは可動式になっていて、イベント時などはオープンスペースとして広く使えます。

サロンスペースは、サークルの打ち合わせ場所や練習場所として、またワークショップや誕生日会、クリスマス会などのパーティー会場として利用されています。部屋全体で貸切っても2時間300円で利用できるのも魅力です(※2)。またパソコンやマイク、スピーカー、プロジェクターなどの備品が充実していることも、利用される方に好評のようです。何かやってみたいと思ったとき環境が整っていると始めやすいですね。
※2 貸切利用の場合、会員登録(現地受付)が必要です。また、事前予約制(有料)となります。

イベントやセミナーの情報が貼り出されたコーナーもあります。
地域に密着した情報や、以前から住んでいる方との交流で得られる情報は、新しく引っ越して来た方にとっては貴重です。
「もうすぐ幼稚園」という集まりがあって、すでに幼稚園にお子さんを預けていらっしゃる方たちが、来年幼稚園へ通うお子さんの親御さんに、幼稚園の生の情報をお話するというもの。とても人気があるそうですよ。
ここで出会ったことをきっかけに、「ベビーマッサージ教室知らない?」「ららぽーとにあるよ。一緒に行こう」なんていう交流もあるようです。

レジコミュは、三井不動産レジデンシャルサービスの運営する施設ですが、マンションに住んでいる人だけでなく誰で利用できるのが特徴です。イベントのが催されていない時間は自由に出入りでき、待ち合わせやちょっと一息なんてときにとても便利です。年配のご夫婦が朝の散歩帰りに立ち寄ったり、幼稚園の送り迎えの途中にママ同士がお茶をしたり。
行けば誰かがいてちょっと休憩できる場所があると、安心ですね。

住民の方とレジコミュスタッフの交流もあり、話の中でこの街の生活で足りないものなど街をよりよくするためのヒントを得ることもあるようです。住民の方同士の交流のお手伝いのために何かできることはないか、常に模索しているのだとか。「この場所を住民の方たちのつなぎ役として使ってほしい。地域の方たちに幸せになってもらうための場所」とスタッフの方が言われていました。

一度利用するとリピートされる方がほとんどのようですが、まだまだレジコミュを知らない方、知っているけど入ったことはないという方も多いはず。もっと気軽にたくさんの方に利用してほしいとのことでした。ポイントカードもあって、集まるとドリンク無料券や「ららぽーとお買い物券」と交換できますよ。
柏の葉キャンパスにお住まいの方たちの交流の場としてはもちろん、この街に住んでみたいと思ったときに、生の情報を手に入れることができる場所にもなりそうですね。


レジデンシャルコミュニティサロン柏の葉
http://smile.mitsui-kanri.co.jp/recs-k/

コミュニティスペースの予約状況はこちらから確認できます
http://smile.mitsui-kanri.co.jp/recs-k/communityspace/

この記事に関連するキーワード

レジコミュ柏の葉カフェ柏の葉イベント

おすすめ記事

住む柏の葉キャンパス

未来につながる“柏の葉スマートシティ”。 都市型生活と豊かな子育てが叶う街に行ってみた

2005年につくばエクスプレス(TX)が開業して、秋葉原から30分で結ばれるようになった柏の葉キャンパス。駅前にはららぽーとや高層マンションが建ち、「公・民・学」の連帯をベースに「世界の未来像」の先駆けとなる街づくりが進められています。ハード面で街が拓いていく中、実際にこの街に暮らす人たちは、街の様子や変化をどのように感じているのでしょうか。

学ぶ柏の葉キャンパス

“温育”をママと子供で体験! 「ママ⼦の温育プログラム」が開催

東洋医学の考え方を踏まえた、温めるライフスタイルで自分や家族、社会環境を健康に育んでいく「温育」。この考え方を「学び」と「体験」の観点から浸透させ、⼥性たちが健康で活躍する社会の実現につなげていく活動の「温育チャレンジ」。その一環として「ママ⼦の温育プログラム」がつくばエクスプレス沿線のママ層に向けて実施されています。

遊ぶ柏の葉キャンパス

柏北部地域で子どもも将棋が習える場所

日本の文化である将棋。最近ではコンピューターの進化により将棋界もなにかと騒がしくなっていますが、子どもたちに将棋を教えたことがあるお父さんは多いのではないでしょうか。さてその将棋ですが、実際にやるとなると対戦相手が必要です。最初に教えたお父さんもいつも子供の相手をするのは大変ですよね。ということで、柏の葉キャンパス駅近くにある松葉将棋クラブの紹介です。

新着記事

カテゴリ

つくばエクスプレスの駅から探す

TX検定

人気記事ランキング

人気キーワード