おいでよTX

駅で絞り込む

学ぶ柏の葉キャンパス

頭のいい子を育てるには「読み聞かせ」が一番の近道

みなさんのご家庭では、毎日どれくらいの本を子どもに読み聞かせているでしょうか?「本をよく読む子どもは頭が良い」。これは世間的によく言われていることですが、実際に文部科学省の調査でも「読書好きの児童生徒ほど教科の学力が高い傾向にある」と報告されています。( http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/045/shiryo/attach/__icsFiles/afieldfile/2011/03/02/1302195_03.pdf 文部科学省「読書活動と学力・学習状況調査の関係に関する調査研究(静岡大学)」)

ではどうしたら子供が読書好きになるのかというと、それは“親の読書活動”が大きく影響するようです。ベネッセ次世代育成研究所の調査によると「子どもの読書時間は、親の読書時間や親による『読み聞かせ』の頻度に比例する」とのこと。
( http://berd.benesse.jp/jisedaiken/research/research_22/pdf/research22-05.pdf 2013年3月ベネッセ次世代育成研究所「第1回 幼児期から小学1年生の家庭教育調査報告書」第3章 母親のかかわり 第2節 絵本や本の読み聞かせの様子)

自分自身の読書時間はなかなかとれないという忙しいパパやママも、子どもへの読み聞かせの時間は毎日たっぷり取りたいですね。また、子どもの成長につれて頻度が低くなってしまいがちですが、幼少期の読み聞かせ期間が長いほど、子ども自身の読書量が多くなるといわれています(※)。「集中して聞いてくれない」「自分である程度読めるようになったから」という理由でやめてしまうのはもったいない! こどもの気持ちを引きつけ、一緒に楽しみながら読み聞かせを続けましょう。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/tosho/houkoku/05111601/003/004/002.htm (※)出典元 文部科学省「親と子の読書活動に関する調査 第3章 4保護者の支援が子どもにの読書活動へ及ぼす影響」

子どもの人気者に学ぶ! 引き込ませる読み方

子どもの気持ちを引きつける絵本の読み方ってどんなもの?7/19(日)・20(月・祝)に柏の葉キャンパス駅前で開催された「マナビーヤ!フェスタ」では、NHK教育テレビで子ども達に絶大な人気を誇る「オフロスキ―」でおなじみの小林顕作さんが絵本の読み聞かせを行い、約50組の親子連れが集まりました。

クイズや歌の時間を交えながら、約1時間の間に小林さんが読んだ絵本は7冊。最近の人気作「ほげちゃん」のほか、なつかしの「花さかじいさん」や不朽の名作「ぐりとぐら」「からすのパン屋さん」などです。

小林さんが絵本を読んでいる間は親も子もみんな集中して聞き入り、時には大きな笑い声が上がるなど、会場に一体感が生まれていました。

登場するキャラクターごとにちゃんと声色を変え、しっかりと抑揚をつけながら読むのが小林さんのスタイル。身振り手振りでちょっとオーバー気味のリアクションをとったり、文中で歌のシーンがあればちゃんとメロディーをオリジナルで作って歌いあげます。「とこやにいったライオン」を読み終わったときには「お父さんお母さん、この本は家で読む時かなりのカロリーを消費しますよ……」と息を切らしながらアドバイスし、笑いを誘っていました。

何度も読んだ絵本を読む時や、子どもが飽きているかも、と感じたら、これまで読んでいた読み方を変えてみてはいかがでしょうか。いつもより思い切って声を出し、一緒に笑いあいながら読書時間を過ごせば、学習能力の向上だけでなく、親子の絆もより一層深まりそうです。

この記事に関連するキーワード

子ども読み聞かせ

おすすめ記事

住む柏の葉キャンパス

未来につながる“柏の葉スマートシティ”。 都市型生活と豊かな子育てが叶う街に行ってみた

2005年につくばエクスプレス(TX)が開業して、秋葉原から30分で結ばれるようになった柏の葉キャンパス。駅前にはららぽーとや高層マンションが建ち、「公・民・学」の連帯をベースに「世界の未来像」の先駆けとなる街づくりが進められています。ハード面で街が拓いていく中、実際にこの街に暮らす人たちは、街の様子や変化をどのように感じているのでしょうか。

学ぶ柏の葉キャンパス

“温育”をママと子供で体験! 「ママ⼦の温育プログラム」が開催

東洋医学の考え方を踏まえた、温めるライフスタイルで自分や家族、社会環境を健康に育んでいく「温育」。この考え方を「学び」と「体験」の観点から浸透させ、⼥性たちが健康で活躍する社会の実現につなげていく活動の「温育チャレンジ」。その一環として「ママ⼦の温育プログラム」がつくばエクスプレス沿線のママ層に向けて実施されています。

遊ぶ柏の葉キャンパス

柏北部地域で子どもも将棋が習える場所

日本の文化である将棋。最近ではコンピューターの進化により将棋界もなにかと騒がしくなっていますが、子どもたちに将棋を教えたことがあるお父さんは多いのではないでしょうか。さてその将棋ですが、実際にやるとなると対戦相手が必要です。最初に教えたお父さんもいつも子供の相手をするのは大変ですよね。ということで、柏の葉キャンパス駅近くにある松葉将棋クラブの紹介です。

新着記事

カテゴリ

つくばエクスプレスの駅から探す

TX検定

人気記事ランキング

人気キーワード