おいでよTX

駅で絞り込む

学ぶ柏の葉キャンパス

千葉大学による“環境活動”から生まれた「エコグッズ」が販売開始!

環境マネジメントシステムの構築・運用に貢献している「千葉大学環境ISO学生委員会」が三菱製紙販売株式会社と協同で企画した間伐材シャープペンシルと、学生がデザインしたエコバッグを1月27日(水)から生協にて割引販売するようです。

千葉大学環境ISO学生委員会の発案により、2006年度から大学生協におけるレジ袋が有料化されました。年間で110万人が利用する生協で、レジ袋の購入は7,000枚程度。購入率にすると0.6%と言われています。今回販売されるグッズはレジ袋有料化に伴う環境基金を活用したもの。

三菱製紙販売株式会社が協同で製作した「シャープペンシル」

間伐材を通じて適切な森林管理である「木を切る環境保全」を広めることを目的として製作された「シャープペンシル」。
グリップ部分には学生たちの考えた「Think of sustainable use of forests.」と書かれています。

間伐材シャープペンシル 150円(税込)販売個数:370個

環境ISO学生委員会の学生が企画からデザイン、販売促進まで担当した「エコバック」

ごみの削減に対する意識啓発を目的とし、学生が企画からデザイン、販売促進までを担当して製作されたのが「エコバッグ」。
シャープペンシル同様、表部分には学生たちの考えた「Complete the map! WE are the artists of the earth.」の文字が。

エコバッグ 200円(税込) 販売個数:290個

学生や教職員、地域の人と環境問題について考えるキッカケとなっているこのような企画が、色々な場所で行われるようになると良いですね。


お問い合わせ
千葉大学環境ISO事務局 http://kankyo-iso.chiba-u.jp/
043-290-3572 / kankyo-iso@office.chiba-u.jp

この記事に関連するキーワード

千葉大学環境問題

おすすめ記事

住む柏の葉キャンパス

未来につながる“柏の葉スマートシティ”。 都市型生活と豊かな子育てが叶う街に行ってみた

2005年につくばエクスプレス(TX)が開業して、秋葉原から30分で結ばれるようになった柏の葉キャンパス。駅前にはららぽーとや高層マンションが建ち、「公・民・学」の連帯をベースに「世界の未来像」の先駆けとなる街づくりが進められています。ハード面で街が拓いていく中、実際にこの街に暮らす人たちは、街の様子や変化をどのように感じているのでしょうか。

学ぶ柏の葉キャンパス

“温育”をママと子供で体験! 「ママ⼦の温育プログラム」が開催

東洋医学の考え方を踏まえた、温めるライフスタイルで自分や家族、社会環境を健康に育んでいく「温育」。この考え方を「学び」と「体験」の観点から浸透させ、⼥性たちが健康で活躍する社会の実現につなげていく活動の「温育チャレンジ」。その一環として「ママ⼦の温育プログラム」がつくばエクスプレス沿線のママ層に向けて実施されています。

新着記事

カテゴリ

つくばエクスプレスの駅から探す

TX検定

人気記事ランキング

人気キーワード