おいでよTX

駅で絞り込む

遊ぶ浅草

威勢のよい手締めで福を掻き込む! 浅草「酉の市」

恒例の浅草酉の市の「二の酉」に行ってきました。酉の市は暦上で酉の日の0時から24時まで開催されます。今年は5・17・29日の「三の酉」まであります。なので、16日の深夜から繰り出してみました。

言問通りを越えると、そこは神社まで露天天国

浅草駅から神社まではちょっとばかり距離があります。
でも、安心してください。ちゃんと楽しめますよ。

ひたすら露天が立ち並んでいます。
小さいお子さんから、大人まで楽しめる多種多様なお店が並んでます。
綿飴やあんず飴、居酒屋や炉端焼き、七味唐辛子やくず餅なんかまで。
気を許すと神社まで辿り付けません・・・
(実際、辿り着けなかった時がありました)

深夜1時頃の様子

神社の中は熊手まみれ

誘惑に打ち勝ち、神社に到着です。
着いたのが23時過ぎ。まだ賑わいはありません。
熊手屋さんがいそいそと最後の準備に終われてます。
たまにフライングで買ってる人も見受けられます。

そして、ここがポイントです!
まだ賑わってないからこそ、ゆっくり熊手の品定めが出来ます。
普通は毎年同じ店で買いますが、まだ買った事のない方はこの空いている時間帯に店を回るのがベストです!
これから長いお付き合いとなる熊手屋さん。最初が肝心です。
とりあえず一巡して2・3目星を付けます。

そうこうしているうちに人がどんどん集まってきます。
23時半からの30分で急に人が溢れ出します。

鷲神社入り口

0時になりました。

0時、酉の日になりました。

先ほど目星を付けた熊手を買うのははまだもうちょっと我慢しましょう。

各店一斉に手締めが行われ始めました。
酉の市と言えば手締め。

手締めがかっこいいと、買う方も嬉しいですよね。
お店によっていろいろ掛け声が変わってきます。
手締めの声に耳を傾けるのも熊手選びのポイントです。

そこで毎年気になるのが、下の写真に写っている黄色いタオルを頭に巻いている方。
人一倍通る声で、勢いある手締めを次々としてくれてます。

そんな訳で動画を撮らせてもらいました。
創業100年以上という老舗熊手商「錦徳」さんです。

0時を目前に賑やかになってきました

自称「浅草一の売り子」さんからの買い方



どうですか? この手締め結構好きです。
こんな手締めしてくれたら、ちょっと嬉しいですよね。
同じ熊手でも2割増で福を掻き込んでくれそうです。

ちなみにこの動画撮影の前には某有名タレントさんも居ましてノリノリで手締めしてました。
お客さんを皆笑顔にする最高の手締めです。

そして、威勢の良い手締めをしてもらう熊手の買い方はご存知ですか?

答えは・・・値切る!

え?って思いますよね。
値切った後に、買う方は値切った額より多く払うんです!

たとえば、

売り子「この熊手10000円だよ」と言われます。(もちろん実際は数千円から買えます)
自分「もうちょっと負けてよ~」と言います。
売り子「じゃ、9000円でいいよ」と言われたら・・・
自分「買った(勝った)!」と言いましょう。

この後が大事です!
売り子さんに10000円払いましょう。
もちろんその後に続く言葉は「釣りはいらないよ!」
この一言が威勢の良い手締めをしてもらえるポイントです。

売り子さんが値引きしてくれた額より多く支払うのが「粋」なんです。
基本お釣りを出さないように買うよう心掛けてください。

もし、先ほどの値切り交渉の時「8000円でいいよ」という言葉が出たら9000円払うでも構わないと思いますよ。
その時は10000円札ではなく、黙って9000円払うのがスマートですね。
まぁ出来れば10000円払いたいとこですが。

熊手にはいろいろな種類があります。
詳しくはこちらをご覧ください。(浅草酉の市のサイト)
http://www.torinoichi.jp/sharete/index3_sharete.htm
これらの違いの説明を生で聞くのもまた一興。

自分のお気に入りを見付けて、ぜひ、売り子さんとの掛け合いを楽しんでください。
そして毎年通って顔を覚えてもらったら最高ですよね。

気軽に話しに乗ってくれる売り子さん

今年は11月29日にある「三の酉」まで

今年は「三の酉」まであります。
しかも日曜日開催!
是非、足を向けてみてください。

くれぐれも露天だけで帰らないように(笑)

最後は牛タンと焼きそばでしめました。

この記事に関連するキーワード

酉の市熊手手締め

おすすめ記事

新着記事

カテゴリ

つくばエクスプレスの駅から探す

TX検定

人気記事ランキング

人気キーワード