おいでよTX

駅で絞り込む

イベント守谷

展覧会 「いちねんせいのさくひんてん - ヘンシン!仮面ナンダー!? - 」開催

アーティスト飯野哲心と守谷市内3校の小学1年生児童288名による共同制作の展覧会。「いちねせんせいのさくひんてん - ヘンシン!仮面ナンダー!? - 」を守谷市役所にて開催。アーティストと児童たちの表現の融合にご注目ください。

アーティストと1年生児童の共同制作

アーカスプロジェクトでは、地域プログラムのひとつであるアートエデュケーション構想プログラムの一環として、今年1月末から2月初旬に守谷市内の小学校3校にアーティスト、飯野 哲心氏を派遣し、1学年全児童288名と図工の授業を利用して共同制作を行いました。

児童たちはアーティストの指導のもと日用品を用いて、動物、昆虫、車、建物など、人間以外に変身する仮面を制作しました。制作後には児童全員が仮面をつけて変身した状態で写真を撮り、児童たちにとって日常の社会生活を過ごす教室を、非日常の空間に一変させる飯野氏自身の写真作品として完成させました。

飯野哲心さんによる小学校でのワークショップ

児童が制作した288の仮面と飯野氏による写真作品を展示

3校の児童288人全員が制作した仮面とアーティスト飯野氏による写真作品を、合同の展覧会「いちねんせいのさくひんてん」として守谷市市役所にて発表致します。

いちねんせいのさくひんてん - ヘンシン!仮面ナンダー!? -
日時|2017年3月17日(金) - 21日(火) 10:00 -19:00 ※21日(火)は16:00まで
会場|守谷市役所 市民ホール(茨城県守谷市大柏950-1) 入場|無料
アーティスト|飯野 哲心 (いいの てっしん)
主催|アーカスプロジェクト実行委員会
協力・参加校|守谷市立大井沢小学校、郷州小学校、守谷小学校

いちねんせいのさくひんてん

このプログラムでは、アートを通じて児童が他者の反応を体験する機会、児童に自発性や協調性を促す仕組みを提供します。現在活躍しているアーティストを学校に派遣し、児童がアーティストとの協働のもと、図工の授業時間枠を使用し、作品制作を行います。完成した作品は、実施校3校合同で展示を行いお披露目します。小学1年生という社会の入口に立った児童が、自分の作品を外部へと向けて発表することで、自分の作品が他者に届くことを体験し、そしてその表現を通じてコミュニケーションが起こることを体験するきっかけづくりを目的としています。

アーティスト

飯野 哲心 (いいの てっしん)
1981年生まれ、東京都出身。取手市在住。金沢美術工芸大学彫刻科修了後、「男子・ファンタジー」をキーワードにユーモアを織り交ぜ、制作活動を開始。間口の広い美術を目指し、美術館やギャラリー以外にもイベント・寿司屋・寺など様々な場所で作品を発表。
現在、東京藝術大学大学院 先端芸術表現科 博士後期課程 在学中
HP : http://tesshiniino.tumblr.com/

開催日
2017.3.17(金)~2017.3.21(火)
開催場所
守谷市役所1階市民ホール
住所
茨城県守谷市大柏950-1
最寄駅
守谷駅
参加費
無し
公式サイト
http://www.arcus-project.com

この記事に関連するキーワード

イベントアート展覧会いちねんせい

おすすめ記事

住む守谷

先人たちの思いをつないだ新しい街づくりへ。水と緑に囲まれた守谷の魅力 って?

清流と豊かな自然に囲まれた茨城県守谷市は、2008年に実施された「住みよさランキング」全国1位に選ばれ、その後も8年連続10位以内にランクイン。また、2014年には「主婦が幸せに暮らせる街ランキング」、2016年には働く世代 2万人への調査から作成した「活力のある都市ランキング」でも、それぞれ全国8位に選ばれました。つくばエクスプレス が開業した2005年から2010年までの間で人口増加率は全国第3位、茨城県内1位という高い数字を誇っています。

新着記事

学ぶ柏の葉キャンパス

“温育”をママと子供で体験! 「ママ⼦の温育プログラム」が開催

東洋医学の考え方を踏まえた、温めるライフスタイルで自分や家族、社会環境を健康に育んでいく「温育」。この考え方を「学び」と「体験」の観点から浸透させ、⼥性たちが健康で活躍する社会の実現につなげていく活動の「温育チャレンジ」。その一環として「ママ⼦の温育プログラム」がつくばエクスプレス沿線のママ層に向けて実施されています。

カテゴリ

つくばエクスプレスの駅から探す

TX検定

人気記事ランキング

人気キーワード